「ど素人がよくわかる相続の本」

タイトルにひかれて購入 ど素人がよくわかる相続の本

相続関係の本を色々と読みふけっておりますが、その中でも唯一、ジャケット買い、タイトルにひかれて購入をしたのが、「ど素人がよくわかる相続の本」です。
名前の通り、全く法律の知識がない人、普通の一般人の方が読んでもわかるように、相続に関してありとあらゆるケースが描かれています。

相続のプロによって描かれているものの、法律の知識が全くない人でもすらすらと読めてわかりやすいのが特徴の一冊です。
遺言書の作成方法、争族を回避する方法、特殊な相続に関してのよくある裏話まで、ありとあらゆる相続に関しての知識をゲットできるでしょう。

この本を読んで思ったのが、確かに、相続で揉めるのって、法律の知識がない一般人だもんなぁ、ということ。
お金に関して何かあると、人は基本目の色が変わりますから。
いわゆる争族を避けるためにも、この本はとても便利だと思います。

色々な本を読んでいて思ったのが、普通の人にやさしくない、相続に関しての説明をしている書き方をしている本が、世の中には溢れかえっているということ。
専門用語が飛び交っている時点で、僕は本を閉じてしまう傾向があるので、この本はすらすらと読めてとてもよかったです。

やっぱり、本当に知識がある人は、教えるのも上手ですよね。
中途半端に知識を持っている人が執筆している本程、素人向けではないので、あまり読まれない気がします。(偏見か?)

節税のアイデアも豊富で便利

相続税や贈与で設営できる方法が、非常に多く掲載されているのも、この本の特徴です。
とはいえ、突拍子もないアイデアばかりではなく、これなら自分でも出来そうというアイデアが盛りだくさんなので、一般の普通の人でも出来ると思います。

この本を読んで、現に僕も試してみたいと思うのがいくつかあり。
親に改めて話をして、これから実践していこうと思っています。

といいますか、こんなにも節税の方法、ワザは世の中に溢れていたのかと、ただただ驚愕です。
本の中で、様々なワザが紹介されていますが、え、こんなに節税の方法はあるのかと、普通に驚いてしまいました。

遺言書作成にも使えそう

まだ先の話ですが、遺言書作成の時にも、この本は使えそうだなと思います。
争族をしっかりと防止するためにも遺言書はやはり重要なので、本に書かれている色々な書き方、考え方を駆使して、作れれば良いなぁ。

だがそもそも、それまでに、そんなに遺族に遺せるような遺産を作ることが出来るのか。
まだまだそこまでの余裕はないので、果たしてこんな心配はしなくても大丈夫か、と、色々と考えています。

あくまで、一応の保険として、知識として、ですね。